Skip to content

Sony

2017年ジャズ生誕100周年を前に
“ジャズの帝王“マイルスの初映画化作品が 大ヒットスタート!
一大ムーブメントに向けて好発進!!
MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間

2017年はジャズ生誕100周年を迎えるメモリアルイヤー。今もなお現代の音楽シーンに影響を与え続けている”ジャズの帝王“を描いた初の映画化「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」が12月23日(金)から東京・大阪の2スクリーンで公開され、ジャズ・ファンの年配層を中心に初回から満席、3日間で300万円を超える大ヒットスタートとなりました!
23日の初日初回は本作の音楽プロデューサーをつとめたロバート・グラスパー氏による特別舞台挨拶も重なり、朝10:00の回はTOHOシネマズ日比谷シャンテの前に60~70名を超える列ができ 、劇場内は多くのジャス・ファンの熱気にあふれかえりました 。

日程 動員数(人) 興行収入(円)
12/23(金) 906 1,245,500
12/24(土) 703 980,900
12/25(日) 622 882,200
3 日間合計 2,231 3,108,600

本作は、来年初旬から徐々に公開館数を増やし、全国順次公開していき ますので、今後の作品の動向にも是非ご注目下さい。

没後25年マイルス・デイヴィス 初の映画化!

『ホテル・ルワンダ』や『アベンジャーズ』シリーズの名優ドン・チードルが監督デビューを飾り、マイルスのキャリア空白期にスポットをあて、偉大なる”帝王”の音楽と人生の本質に迫った本作。荒々しいクライム・アクション風の現在とロマンティックでムーディーな過去が史実とフィクションの垣根を越え、渾然一体となってスリリングに展開し、常に型破りで革新的だったマイルスの生き方、パッションにしびれる極上のエンターテイメント作品となっています。

監督・主演・共同脚本・製作:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』)
出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルデイ 音楽:ロバート・グラスパー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト:Miles-Ahead.jp
宣伝:樂舎