Skip to content

Sony

予想を超えた成績で
★全米初登場No.1★
海外50の国・地域でもNo.1オープニング!
新スパイダーマンに世界中が熱狂!

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、15歳の高校生スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(日本公開8月11日<祝・金>)が7月7日(金)に全米4348館で公開され、公開週末で興行収入1億1702万ドル(約133.5億円、1ドル=114.1円換算、7/10現在)という予想を超えた数字をあげて、全米初登場No.1に輝きました。

 全米公開に先駆けて行われた最初の公式なマスコミ向け試写での評判がすこぶる高く、本格的なレビュー(批評)解禁前に、鑑賞したマスコミの熱狂と評判の高さがSNSを通じて瞬く間に世界中に届けられるなど、公開前から驚異的な盛り上がりを見せていた本作。映画批評サイトのロッテントマトでは93%(7/10現在)というハイスコア。観客の出口調査シネマスコアは「A」といずれも高評価となり、『スパイダーマン:ホームカミング』は観客も批評家も絶賛の嵐となっています。

 全米以外の海外では、50の国と地域で初登場No.1オープニングを達成。海外累計興行収入が1億4000万ドル(約159.7億円)となり、スパイダーマン映画として歴代最高の海外オープニング成績となりました。韓国では5日間で2580万ドル(約29.4億円)を稼ぎ出し初登場1位となり、洋画では歴代3位のオープニング成績という快挙を達成。主演トム・ホランドの母国イギリスでは1180万ドル(約13.5億)で初登場1位、メキシコでは1200万ドル(約13.7億円)で初登場1位、ブラジルでは910万ドル(約10.4億円)で初登場1位、ロシアでは780万ドル(約8.9億円)で初登場1位と、まさに、新スパイダーマンに全世界が熱狂しています。全世界の累計興行収入は2億5702万ドル(約293.3億円)。今後、フランス、ドイツ、スペイン、中国そして日本など、大きな興行収入が見込める主要マーケットでの公開が控えており、新スパイダーマンの天井知らずの興行成績が期待されています。

ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まる――。
ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

『スパイダーマン:ホームカミング』 原題:Spider-Man: Homecoming 全米公開:2017年7月7日 監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)  キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン  ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

公式サイト:Spiderman-Movie.JP
公式Facebook:https://www.facebook.com/SpiderManJapan/
公式Twitter:https://twitter.com/spidermanfilmjp
#スパイダーマン 

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
<電波・紙パブリシティ>サンダンス・カンパニー  <オンラインパブリシティ>フラッグ