『スパイダーマン:スパイダーバース』第76回ゴールデングローブ賞にノミネート!!

プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

2018年12月7日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン:スパイダーバース』
スパイダーマン映画シリーズ初の快挙!
第76回ゴールデングローブ賞にノミネート!!

オスカー前哨戦、本格始動!!
映画批評サイトロッテントマトでは、驚異の100%フレッシュ獲得(12月7日現在)!
「スパイダーマン映画史上、最高の1本!」

 先日アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を受けた、新たなるスパイダーマンの誕生を描く『スパイダーマン:スパイダーバース』。
 アメリカ現地時間12月6日(木)に発表された第76回ゴールデングローブ賞のアニメ映画賞に、本作『スパイダーマン:スパイダーバース』がノミネートを果たしました。スパイダーマン映画シリーズにおいて、ゴールデングローブ賞のノミネートは初となります。

 アメリカ公開を来週12月14日に控え、批評家たちは本作に対する賛辞を惜しまず、映画レビューには「スパイダーマン映画史上、もっとも素晴らしい!」「2018年最高の1本!」と、多くの大絶賛コメントが溢れています!その評価は批評家たちにとどまらず、ギレルモ・デル・トロ監督や、俳優のクリス・プラットもSNS上で本作を熱く支持するなど、映画界で大きな話題となっています。
 今回ノミネートを果たしたゴールデングローブ賞の他に、続々と各賞に名乗りをあげています。これまでに受賞/ノミネートされた賞は下記の通りです:

☆ニューヨーク映画批評家賞(アニメ映画賞・受賞)
☆デトロイト映画批評家協会賞(アニメーション賞・受賞)
★ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞・ノミネート)
★アニー賞(長編作品賞ほか、計7部門ノミネート)
★ロサンゼルス・オンライン映画批評家賞(アニメーション賞・ノミネート)

『スパイダーマン:スパイダーバース』
ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――。

■タイトル:『スパイダーマン:スパイダーバース』 原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse  全米公開:12月14日
■製作:アヴィ・アラド、エイミー・パスカル、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)、クリスティーナ・スタインバーグ
■監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン  
■脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン
■公式サイト:Spider-verse.jp
■公式twitter: https://twitter.com/SpiderVerseJP/   #スパイダーバース
■公式Facebook: https://www.facebook.com/SpiderVerseJP/ 

2019年3月8日(金)全国ロードショー!

<配給・宣伝・パブリシティ>ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部