Skip to content

Sony

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
公開3週目にしてついに
全米週末興行収入No.1に躍り出た!
スター・ウォーズからNo.1を奪う!

全世界興行収入は5億ドル突破!全世界51の国と地域でNo.1! 劇中のような予測不能な勢い!

 全米で2017年12月20日に公開がスタートしたドウェイン・ジョンソン主演の体感型アトラクション・アドベンチャー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(日本公開4月6日(金))は、全米で予想をはるかに超える大ヒットとなっており、公開3週目となる1月5日(金)~1月7日(日)の週末で興行収入3723万3653ドル(約42.1億円、1ドル=113.1円換算、1/9現在)を上げて、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(全米公開2017年12月15日)を抜き去り、ついに全米週末興行収入No.1となりました!全米累計興行収入は1月7日までで2億4560万6319ドル(約277.8億円)となりました。興行収入における先週からの落ちはわずか25.6%と非常に少なく、公開から19日を過ぎてもジュマンジの快進撃はとどまるところを知りません。全米における最終興行収入予測は3億ドルを超えていくと報じられ、2017年公開作品で3億ドルを超えた7本(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『美女と野獣』『ワンダーウーマン』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『スパイダーマン:ホームカミング』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『マイティ・ソー バトルロイヤル』)の仲間入りをするのも時間の問題と見られます。さらには、ドウェイン・ジョンソン出演の実写映画としては、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(全米最終興行収入3.53億ドル)に次ぐ大ヒットにまで浮上しています。(数字はBox Office Mojo調べ)
 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は批評家からのポジティブなレビューが続々と発信され、オープニング週末の観客の出口調査シネマスコアもA-という高評価を得て、あらゆる人々にとって響く映画となっています。主演のドウェイン・ジョンソンをはじめキャストとフィルムメイカーは、オリジナルのロビン・ウィリアムズ主演『ジュマンジ』へのリスペクトを最大限に払い、そのスピリットを受け継いで本作へ注いだと語るなど、本作のクオリティも大ヒットへの大きな要素となっています。

 海外累計週末興行収入も今週はNo.1となり、2億7938万7680ドル(約316億円)を上げました。全米を含め、全世界51の国と地域でNo.1となりました。全米および海外を合計した全世界累計興行収入は早くも5億ドルを超え、5億2499万3999ドル(約593.8億円)となっています。驚くべきことに、ロシアなどの10カ国では興行収入対比で先週を上回る成績を残すなどの現象が起きています。今後は、主演のドウェイン・ジョンソンが公開前のプロモーションで訪れた大きなマーケットとなる中国での公開が今週に控えており、全世界累計興行収入のさらなる飛躍が期待されています!

STORY 学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を偶然にも発見。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれ、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってしまった!しかも、そこはジャングル!さらに、現実世界の自分とは体格も性格も性別までも違うキャラに入れ替わり!気弱でやせっぽっちなゲームオタクの男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家(ドウェイン・ジョンソン)のアバターに入れ替り。セルフィー大好き金髪インスタ美人は、まさかのヒゲもじゃぽっちゃりオヤジ(ジャック・ブラック)という衝撃的な姿になってしまった。現実世界に生きて帰りたければ、難攻不落のステージを各自のスキルを使ってクリアするしか道はない!!果たして彼らは、〈ゲームクリア〉して現実世界に戻ることができるのか~!?予測不能&危険度MAXのサバイバル・ゲームが、今始まる!

■タイトル:『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
■全米公開:2017年12月20日
■監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』)
■出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス、ボビー・カナヴェイル
公式サイト:http://www.jumanji.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/JumanjiJP
公式Twitter:https://twitter.com/JumanjiJP #ジュマンジ

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
<紙&電波>サンダンス・カンパニー   <オンラインパブリシティ>ガイエ