ウルトラヴァイオレット 6/24(土)渋谷東急ほか全国ロードショー!
 近未来を舞台にしたSFアクションは数々あるが、『ウルトラヴァイオレット』ほどスタイリッシュなアクションに徹した作品はない。21世紀末の世界を背景に、新種のウイルスに感染した超人類<ファージ>と、彼らを殲滅させたい人間との過酷な戦いを描いたストーリーも含め、斬新な趣向に満ち満ちている。この映画のプロモーションを担当した後藤優プロデューサーが挙げるその魅力とは――。 画像01
最強のアクション・ヒロイン、ミラ・ジョヴォヴィッチ!
 『フィフス・エレメント』でブレイクし、『バイオハザード』シリーズのアクション・ヒロインぶりで世界中を魅了したミラ・ジョヴォヴィッチだが、この作品ではさらなる輝きを放射する。演じるのは新人類<ファージ>の美しき戦士。銃と剣を自在に操り、宙高く飛び、破壊力満点の蹴りを送り出す。まさに胸のすく活躍ぶりだ。マーシャル・アーツの殺陣のなかに新体操の激しく優雅な動きを織り込んだアクションは、まさにミラのフィギュアのような容姿をいっそう際立たせる。しかも、大型バイクにまたがり、とてつもないスタントを披露する。動きの端々に漂わせる鋭い殺気。まさにミラの集大成的なパフォーマンスだ。 しかもスタイリングにも注目したい。スレンダーな肢体にフィットした皮革のパンツスーツ、割れた腹筋をアピールするウェストを露出したウェア。ストレートなロングヘアは黒だけではなく、感情の波にあわせて紫色に変化する。モデルとして活躍したミラだけに、着こなしは抜群。しなやかな豹のようなイメージで、まことため息がでるほど美しい。
母にも似た愛の発露。
画像02   困難を自力で乗り越えていくアクション・ヒロインといえば『バイオハザード』を頭に浮かべるが、この作品ではヒロインに新たな貌(かお)が与えられている。ヒロインは超人類殲滅の鍵になる少年に出会い、彼を護ろうとする感情に突き動かされる。少年に失ったわが子の面影を重ね合わせ、ひたすら護りぬくのだ。弱いものを護る女戦士といえば名作『グロリア』を想起するが、これはそ のコミックブック・アクションアドベンチャー版。子供につかのま向ける、ミラの柔らかい表情が映画の奥行きをいっそう深いものに仕立てている。
殺陣に魅せられたアクションの匠カート・ウィマー!
 メガフォンを取るのはカート・ウィマー。カルト的快作『リベリオン』で、ガンプレイに東洋武術の型を取り入れた戦闘スタイル“ガン=カタ”をつくりあげて、アクションに対する並々ならぬこだわりを広く知らしめたウィマーは、脚本家としても『トーマス・クラウン・アフェアー』や『リクルート』などで優れた才能を発揮している。本作品では洞察力に富んだ未来観にもとづいたストーリーを構築。全編、SONY950というHDカメラで撮影し、CGを駆使した様式化世界を映像に焼き付ける。その上で心ゆくまでアクションに徹してみせる。ウィマー自慢の“ガン=カタ”はもちろん、あらゆるアクション映画のエッセンスを抽出したパワフルなアクションはスピーディ&スタイリッシュ。これこそ疾走するエンターテインメントだ。
ウルトラヴァイオレットのオフィシャルサイトへ

MOVIES DVD DVD
レイヤー・ケーキ アルティメット・コレクション シネマ・ザ・チョイス
「レイヤー・ケーキ」 「アルティメット・コレクション」 シネマ・ザ・チョイス

7.1(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開!
 
 

dts®サウンド&超豪華映像特典付きのDVDシリーズ“アルティメット・コレクション” 6.21(水)ついに 始まる! ソニー・ピクチャーズの新キャンペーンがスタート!第1弾全50タイトル 6.17(土)発売!
 
AXN ANIMAX MOBILE
「LOST」シーズン2 鋼の錬金術師 蛙男商会
「LOST」シーズン2 「鋼の錬金術師」 蛙男商会
世界186ヶ国で大ヒット!人気海外ドラマのシーズン2が7月よりAXNにて日本独占初放送開始!
© Touchstone Television
大人気“ハガレン”を第1話から放送!
© 荒川弘/スクウェアエニックス・毎日放送・アニプレックス・ボンズ・電通2003
吉田くん、キミも今日から秘密結社の一員だ。

© ソニー・ピクチャーズ/蛙男商会・DLE



◎このメールニュースは、本メールニュースの購読をご登録いただいたお客さまにお送りしています。

◎当社は、お客様の本メールニュースのご利用により生じた損害につきましては、その責を負いません。 また本メールニュースに他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・ 有用性等について当社は一切責任を負いません。

◎個人情報のお取扱いについてはこちら(http://sonypictures.jp/corp/privacy.html)をご確認ください。 また、使用条件について(http://sonypictures.jp/corp/tos.html)もあわせてご確認ください。

◎HTML形式でもメールソフトによっては、レイアウトがくずれて見えるなど、メールニュース が正常にご覧いただけない場合がございますので、そのような場合には、お手数ですが、こちらをご覧ください。

◎本メールニュースに関するお問い合わせはこちら(mailnews@spe.co.jp)からお願いします。

発行:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

*無断複写・転載を禁じます。

© 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc, All rights reserved.