オープン・シーズン 12月9日全国ロードショー

ソニー・ピクチャーズの“親子の絆と成長を謳った”傑作『オープン・シーズン』
 ソニー・ピクチャーズが次世代のエンターテインメントとして満を持して送り出した、初のCGアニメーション『オープン・シーズン』がいよいよ正月に公開となる。
おとなも子供も楽しめるファミリー・ピクチャーの王道を目指して、練りに練ったストーリーと最新の映像技術で紡ぎだす、明るく、楽しく、ちょっぴり切ない成長の物語。CGアニメーション作品の数は増えつつある現在だが、全米で公開されるや、登場第1週でトップに、全世界でも既に14カ国でNo.1に輝いただけあって、この作品は他の追従を許さない幾つもの魅力に彩られている。

キュートなキャラクターたちが、情感にみちた永遠のテーマ――絆と成長――を謳う。
ブーグ&エリオット

 人間に育てられたクマのブーグがシカのエリオットとの出会いをきっかけにして、育ててくれたパークレンジャーのベスから離れて大自然の生活を体験。人間社会に慣れ親しんだブーグがとまどいながらもエリオットをはじめ動物たちと友情の絆を結んでいく……。冒険いっぱいのストーリーながら、そこには誰もが味わうエモーショナルな局面が巧みに織り込まれている。ベスがブーグに対して抱く情は“子離れ”を見守る母の気持ちそのままだし、ブーグがエリオットに抱く想いはともに生活することから生まれた友情。あるいは生存するために、はからずも種を超えて助け合う動物たちの姿は社会に生きる私たちそのもの。よりよい世界を構築するために、私たちが協力し合っていかなければならないことを謳いあげている。漫画家として名高いスティーブ・ムーアとプロデューサー、ジョン・カールズの原作をもとに、ピクサー、ILMで技術を磨いたジル・カルトンと、ILMやドリームワークスに関わったアンソニー・スタッチがストーリーをとことん練り上げ、『チキン・リトル』のスティーブ・ベンチックとロン・J・フリードマン、『ドクター・ドリトル』のナット・モールディンが加わって脚本化。まさにこのストーリーはさまざまな経歴を誇る一級の才能が結集して生まれた賜物なのだ。監督を務めるのはカルトンとスタッチ、そして『ライオンキング』の監督として絶賛されたロジャー・アラーズが参加し、どこまでも愛くるしいブーグをはじめとする動物たちのキュートな容姿を決定。2Dアニメーションのスタイルで3D世界を構築するとともに、スピーディな語り口で笑いとペーソスを織り込みながら、万人が楽しめる感動のエンターテインメントに仕上げている。

キャラクターに生命を吹き込む充実のキャスティング!
エリオット

 アニメーションにとってキャラクターの声は大きなウェイトを占める。その作品が成功するか否かの鍵を握っているといっても過言ではない。本作品ではキャラクターのイメージに忠実な、充実のキャスティングが組まれている。オリジナル版ではブーグに『バッドボーイズ』などでおなじみの人気コメディアン、マーティン・ローレンス。エリオットに『守護神』のアシュトン・カッチャーという実写映画でも例がない豪華な顔ぶれで勝負している。日本語吹き替え版も負けてはいない。ブーグに石塚英彦、エリオットに八嶋智人、そして木村佳乃PUFFYも声で登場する。おまけに吹き替え版テーマソングとイメージソングは人気デュオ、CHEMISTRYが歌っている。オリジナルか日本語吹替版か、どちらも甲乙つけがたい出来。両方、ご覧になるのが正解だろう。

chemistry club
オープン・シーズン オフィシャルサイトはこちら

MOVIE MOVIE MOVIE
パプリカ イカとクジラ ファミリー
「パプリカ」 「イカとクジラ」 「ファミリー」

11月25日(土)テアトル新宿他 全国順次ロードショー!

12月2日(土)新宿武蔵野館にて<お正月>ロードショー!

12月2日(土)シネマスクエアとうきゅう他にてロードショー!

DVD AXN ANIMAX
ブルーレイディスク 「LOST」(シーズン2)一挙放送!  るろうに剣心
「ブルーレイディスク」 「LOST」(シーズン2)
一挙放送!
「るろうに剣心」
−明治剣客浪漫譚-
維新志士への鎮魂歌
未体験の映像革命!Blu-ray Disc™いよいよ登場! 世界中を震撼させる、大ヒットシリーズのシーズン2全24話を一挙放送!12月30日(土)放送開始!
© Touchstone Television
剣心と時雨。 壮絶なぶつかり合いが、過去の因縁を呼び醒ます!
11/12(日)夜9:00ほかで放送

©和月伸宏/集英社・フジテレビ・アニプレックス


◎このメールニュースは、本メールニュースの購読をご登録いただいたお客さまにお送りしています。

◎本メールニュースの購読解除をご希望の方はこちらへ

◎当社は、お客様の本メールニュースのご利用により生じた損害につきましては、その責を負いません。 また本メールニュースに他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・ 有用性等について当社は一切責任を負いません。

◎個人情報のお取扱いについてはこちら(http://sonypictures.jp/corp/privacy.html)をご確認ください。 また、使用条件について(http://sonypictures.jp/corp/tos.html)もあわせてご確認ください。

◎HTML形式でもメールソフトによっては、レイアウトがくずれて見えるなど、メールニュース が正常にご覧いただけない場合がございますので、そのような場合には、お手数ですが、こちらをご覧ください。

◎本メールニュースに関するお問い合わせはこちら(mailnews@spe.co.jp)からお願いします。

発行:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

*無断複写・転載を禁じます。

© 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc, All rights reserved.