プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE ロゴ

2019年6月7日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
タランティーノのハリウッドへの愛が込められた
US版ポスター付ムビチケカード2種
6/14(金)発売開始!

OUATIH ロゴ

カンヌ映画祭コンペティション正式出品作品

 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、クエンティン・タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したといいます。本作はタランティーノからハリウッドへのラブレターとも言える作品となっています。

 本作の豪華キャストも大きな話題で、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの2大スターが初顔合わせを果たしました。ディカプリオが演じるのは、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン。長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブースをブラッド・ピットが演じます。本作で二人がどんな新しい顔を魅せてくれるか期待がよせられています。また、当時新人女優として人気上り調子だったシャロン・テート役のマーゴット・ロビーが、今回のタランティーノ映画のミューズに選ばれました。さらに50 年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノや、ブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、故ルーク・ペリーら、新旧実力派の選りすぐりの顔ぶれが脇を固めています。

 第72回カンヌ映画祭のコンペティション部門に正式出品され、ワールドプレミアとなった公式上映終了後には約6分間にもおよぶスタンディングオベーションとなり、レオとブラピの眼には涙が光り、タランティーノが観客席で感謝の言葉を述べるという異例の事態となりました。

本作のムビチケカード2種が6月14日(金)より発売開始!
購入者だけが手にすることができる豪華特典として、
US版ポスターがついてきます。(先着数量限定)

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 特典付ムビチケ 概要
 発売日=6月14日(金)
 券種=ムビチケカード:一般1,400円(税込) 
 特典=US版ポスター(B2サイズ)
 【ディカプリオ×ブラッド・ピッドVer.】、【マーゴット・ロビーVer.】

※取り扱い劇場は公式サイト劇場一覧をご確認ください  http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=onceinhollywood
※数量限定 ※一部劇場を除く ※ムビチケカードの絵柄は選べますが、特典はカードと同じ絵柄になります。

OUATIH ムビチケカード

 

【ディカプリオ×ブラッド・ピッドVer.】は、ハリウッドを象徴する「ハリウッドサイン」が遥か後方の山の上に見える中、車の前に立たずむレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。今まで実現できなかった2大スターの共演の図柄。
【マーゴット・ロビーVer.】は、LAのウェストウッドビレッジにある、古き良き時代のアメリカを象徴するような映画館リージェンシー・ビレッジ・シアターの前でものうげにポーズをとる、タランティーノのミューズ、マーゴット・ロビー。
映画ファンならば、2種類とも手に入れたくなるムビチケカードとポスターとなっています。

◆公式サイト:http://www.onceinhollywood.jp/
◆公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga
◆公式Facebook:https://www.facebook.com/SPEeiga/

8月30日(金) 全国ロードショー

配給・宣伝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
<電波・紙パブリシティ> ドリーム・アーツ   <オンラインパブリシティ>ガイエ