プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2020年 6月18日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

全国劇場再開後の新作で、<初登場No.1>!
今こそ映画館で見るべき珠玉のエンタテインメント!

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語

平日の動員・興行収入ともにNo.1! 動員前日比160%超でレディースデイも絶好調!
SNSにあふれる絶賛コメントと 劇場の安全対策の効果により、右肩上がりの好成績!

ハリウッド映画待望の新作として6月12日(金)より劇場公開された、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。公開後3日間の成績は全国劇場再開後の新作映画として<初登場No.1>を獲得しましたが、平日もその勢いはとどまることを知らず、右肩上がりの好成績となっています。

幅広い客層の中でも特に若い女性に拡がっており、17日(水)のレディースデイでは前日比161%の動員を記録。また通常火曜日は月曜日を下回る傾向があるにも関わらず、TOHOシネマズ 日比谷、新宿、日本橋、梅田などの劇場では16日(火)の動員が15日(月)を上回りました。公開後6日目にして早くも動員68,183人、興行収入89,514,540円を突破し、断トツの平日トップをキープしています。

好調な動員の理由として、Filmarks初日満足度ランキング第1位に輝くなど、女性を中心としたお客様の圧倒的口コミがあります。SNS上には「今の自分に突き刺さりすぎた!」「今年の激ラブNo.1映画」「ストーリー、衣装、キャストなど細部に至るまで素敵」「シアーシャ・ローナンが疾走する冒頭からワクワクし、笑い泣きな多幸感」など興奮と絶賛のツイートがあふれ、映画ファンのみならず多くの人々の間で大きな話題になっています。

二つ目の理由は、劇場による徹底した新型コロナウィルス予防対策です。入館の際はサーモグラフィカメラなどによる検温を実施し、座席および入退場時はソーシャルディスタンスを確保、さらに十分な換気が定期的に行われており、SNS上には「映画館で映画が観れるようになって良かった!」という書き込みが多数見られるなど、着実に映画館にお客様が戻りつつあります。今後更なる盛り上がりとロングランが期待できる『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』に引き続きご注目下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本作は19世紀を代表する⼥性作家、ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー⼩説『若草物語』を、
『レディ・バード』でその類まれなる表現⼒で映画界に新⾵を巻き起こしたグレタ・ガーウィグ監督が豪華キャストを迎え鮮やかに描き、
本年度アカデミー賞<6部門>にノミネート、<衣装デザイン賞>を受賞した今年の話題作です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga 
◆公式Facebook:https://facebook.com/SPEeiga 
◆公式サイト:https://www.storyofmylife.jp

6月12日(金)より大ヒット上映中!

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
東京都港区虎ノ門4-1-28虎ノ門タワーズオフィス2F
映画マーケティング部

<宣伝問い合わせ>
【WEB】 佐々木紀子 【紙、電波】樂舎