プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2022年3月22日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン』、『ヴェノム』のスタジオが贈る、マーベル新キャラクター

『モービウス』

スパイダーマン・ユニバースに新たな‟悪”をもたらす新キャラクター!
ジャレッド・レト「映画『モービウス』ではユニバースが広がっている」
「マルチバースの扉が開き、ヴィラン達が集結する」

 マーベルの新たなるヴィランを描く映画『モービウス』が、4月1日(金)に日米同時公開されます。原作コミックではスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウス。しかし、その素顔は命を救うことに情熱を注ぐ天才医師マイケル。血に飢えた<ヴィラン>と<命を救う医師>という二つの顔を持つ彼を、徹底した役作りで知られるアカデミー賞®受賞俳優のジャレッド・レトが演じます。この度、ジャレッド・レトが「モービウスは描かれるすべてが新鮮」と語る特別映像が解禁となりました。

『モービウス』

生きるため、<血への渇望>という大きな代償を抱えた
モービウス。
彼がこの世界にもたらす、破壊と衝撃とは――。

 天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変――。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない<血への渇望>だった。まるで血に飢えたコウモリのように、自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルの前に、生きるためにその血清を投与してほしいと親友マイロが現れる。懇願するマイロを「危険すぎる、人間ではいられなくなる」と拒み続けるマイケル。しかしNYの街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発する――。

 今回到着した特別映像で天才医師マイケル・モービウスを演じたジャレッド・レトは、「モービウスは、マーベルの中でも際立った人物だ。多くの謎があり、映画で描かれたことがない。描かれるすべてが新鮮だ。」と、マーベルの中では斬新で、今までにないキャラクターだと語ります。さらに「映画ではユニバースが広がっている。マルチバースが開き、あらゆるヴィランたちが集結する。」と、映画『モービウス』が『ヴェノム』『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から繋がるスパイダーマン・ユニバースの中に存在する作品であることを示唆するような衝撃の発言も。映像にはデイリー・ビューグル紙が登場し、その一面でモービウスはNYでの殺人事件の容疑を報じられ、FBI捜査官たちはこの事件を「サンフランシスコ以来の大惨事」だとする意味深な会話も繰り広げられています。

謎めいたキャラクター、モービウスは世界を救済するのか?それとも破壊するのか?
スパイダーマン・ユニバースへ衝撃をもたらす新キャラクターをぜひ劇場で目撃してください。

■特別映像(YouTube URL) https://youtu.be/ntXmDvrSzZE

■映画予告編⑤ YouTubeリンク:
https://youtu.be/UqQLsZEwyic

■クレジット表記
・タイトル:『モービウス』
・原題:MORBIUS
・日本公開表記:4月1日(金)全国の映画館にて公開
・US公開日:4月1日(金) 
・監督:ダニエル・エスピノーサ
・脚本:マット・サザマ/バーク・シャープレス
・出演:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナ/ジャレッド・ハリス/アル・マドリガル/タイリース・ギブソン
・日本語吹替版声優:中村悠一(モービウス)、杉田智和(マイロ)、小林ゆう(マルティーヌ)、楠大典(ストラウド)、田村睦心(少年時代のモービウス)、松本沙羅(少年時代のマイロ)
・コピーライト:(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト:https://www.morbius-movie.jp
・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/morbiusmoviejp
・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/morbiusmoviejp/
・オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/MorbiusMovieJP/

4月1日(金)全国の映画館にて公開!

<宣伝お問い合わせ>
【TVパブリシティ】曽我 【WEBパブリシティ】伊達 
【紙&ラジオパブリシティ】ハート&ハート
【配給・宣伝】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部