プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

2018年12月17日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン:スパイダーバース』
全米初登場第1位!!
12月公開アニメーション作品における
歴代最高オープニング成績記録樹立!
オスカーに向けて、賞レースも続々と席巻中!

 先日アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を受けた、新たなるスパイダーマンの誕生を描く『スパイダーマン:スパイダーバース』。12月14日(金)に全米3813館で待望の公開を迎え、16日(日)までのオープニング・ウィークエンドで国内興行収入3540万ドル(約40億円、1ドル=113.4円換算、12/17現在)を記録し、全米初登場第1位に輝きました!

 この成績は2016年公開の『SING/シング』が持つ3520万ドルの12月のオープニング・ウィークエンド記録を上回り、12月公開アニメーション作品におけるオープニング成績新記録を樹立しました!

 アメリカ公開前から批評家たちは本作をに対する賛辞を惜しまず、映画レビューには「スパイダーマン映画史上、もっとも素晴らしい!」「2018年最高の1本!」と多くの大絶賛コメントが溢れ、そして14日の公開日を迎えると同時に観客満足度を表すシネマスコアにて「A+」を獲得、一般観客層からも圧倒的な支持を得ています。また映画レビューサイトのロッテントマトでは97%フレッシュ(12/17現在)を獲得しています!

 インターナショナルでは44のマーケットで公開。3日間で2100万ドルの成績を上げ、いずれも観客、批評家からの素晴らしい評価を受けて、圧倒的な口コミでの広がりを見せています。

 さらに公開より一足先に賞レースへも名乗りを上げ、スパイダーマン映画史上初めてゴールデングローブ賞(アニメ映画賞)にノミネート。アカデミー賞®(長編アニメ映画賞)へのノミネート確実との声も高く、注目度が高まっています。これまで受賞&ノミネートされた賞は下記の通りです:

 ☆ニューヨーク映画批評家協会賞(アニメ映画賞・受賞)
 ☆ニューヨーク映画批評家オンライン賞(アニメ映画賞・受賞)
 ☆デトロイト映画批評家協会賞(アニメーション賞・受賞)
 ☆シカゴ映画批評家協会賞(アニメ映画賞・受賞)
 ☆ロサンゼルス・オンライン映画批評家賞(アニメーション賞・受賞)
 ☆ロサンゼルス映画批評家協会賞(アニメ映画賞・受賞)
 ★ゴールデングローブ賞(アニメ映画賞・ノミネート)
 ★アニー賞(長編作品賞ほか、計7部門ノミネート)
 ★放送映画批評家協会賞(アニメ賞・ノミネート)
 ★サンディエゴ映画批評家協会賞(アニメ映画賞・ノミネート)
 ★シアトル映画批評家協会賞(アニメーション賞・ノミネート)
 ★トロント映画批評家協会賞(アニメーション賞・ノミネート)
 ★ワシントンDC映画批評家協会賞(アニメーション賞・ノミネート)
 ★セントルイス映画批評家協会賞(アニメーション賞・ノミネート)

『スパイダーマン:スパイダーバース』
 ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――。

■タイトル:『スパイダーマン:スパイダーバース』 原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse  全米公開:12月14日
■製作:アヴィ・アラド、エイミー・パスカル、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)、クリスティーナ・スタインバーグ
■監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン  ■脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン
■公式サイト:spider-verse.jp  
■公式twitter: https://twitter.com/SpiderVerseJP/   #スパイダーバース
■公式Facebook: https://www.facebook.com/SpiderVerseJP/ 

2019年3月8日(金)全国ロードショー!

配給・宣伝・パブリシティ>ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部