プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

2019年3月11日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

アカデミー賞受賞『スパイダーマン:スパイダーバース』日本公開!
若い世代を中心としたアニメーション・ファンもとりこみ、大ヒットスタート!!
大絶賛<高評価>レビュー、続々と!!
ぴあ映画初日満足度1位!(3/9ぴあ調べ)
Filmarks ★★★★4.4 (3/11現在)

バースロゴ

 

アカデミー賞<長編アニメーション賞>をはじめとする主要映画賞を受賞し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と空前の大絶賛を受けている『スパイダーマン:スパイダーバース』が3月8日(金)に日本公開を迎え、週末土日2日間で動員98,074人、興行収入160,052,800円となり、大ヒットスタートを切りました!公開初日から3日間の累計成績は、動員134,386人、興収216,793,700円となります。

アメリカ国内外の批評家や著名人、そして観客たちからも大絶賛を受け、賞レースを独走状態で走り抜けてきた本作。いよいよ日本公開となったこの週末は、いち早く映画を見たスパイダーマン・ファンやジャパニメーション・ファンの若い層を含め、大興奮のコメントがTwitterなどのSNSに続々溢れました。「最高すぎる!」「最初から最後まで、興奮しっぱなし!」「何回でも見たい!」「まさか泣くとは思ってなかった!」「マーベル映画史上、最高傑作!」「こんな映画を待ってた!」「感動が止まらない!」と、作品に対する大絶賛コメントを中心とし、革新的な映像やユニークなキャラクターたち、胸が熱くなるストーリー展開など、さまざまな視点から繰り広げられる絶賛コメントに、「見にいかなきゃ!」「この流れに乗らなければ!」と、映画を未見の人たちにも広く口コミが広がっています。
またSNSのほか、各映画レビューサイトでは高得点を獲得し、ぴあ映画初日満足度ランキングでは95.0点(3/9ぴあ調べ)とダントツの1位を獲得いたしました。

大ヒット公開中!

<配給・宣伝・パブリシティ>ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部