プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

2019年3月22日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

レオナルド・ディカプリオ × ブラッド・ピット 初の豪華共演!
クエンティン・タランティーノ最新意欲作
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
今秋日本公開決定!

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」タイトルロゴ

 

特報・海外版ティザーポスター・邦題 解禁‼

 クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作となる最新作“Once Upon a Time in Hollywood”の邦題が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』となり、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給で今秋日本公開することが決定しました。この度、2種類の海外版ティザーポスターと特報が解禁となりました。
 2015年の『ヘイトフル・エイト』から4 年ぶりとなるファン待望のタランティーノ新作は、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの、2大スターの豪華顔合わせが注目を集めている話題作です。
 舞台は1969年のロサンジェルス。詳しいストーリーはまだ明かされていませんが、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドに、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したといいます。
 1枚目のポスターは、ともにタランティーノ作品でその演技力を大いに飛躍させた、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2ショットとなります。タランティーノ作品2作目となる二人が、本作でどのような新しい顔を見せてくれるか期待がよせられています。2枚目のポスターは、当時人気の絶頂を誇っていた女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたマーゴットが、今回はタランティーノ映画のミューズに選ばれ、輝くようなブロンドと、60年代ファッションに身を包んだしなやかな肢体を披露しています。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ポスター

 

 今回解禁された特報には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしている、ちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場します。クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、リックが共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれ涙ぐむ姿などが描かれています。
 また今回映像には登場していませんが、先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも本作に出演しており、映画作品としては遺作となりました。そのほかの共演陣も実に豪華な顔ぶれです。50年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、『ヘイトフル・エイト』のブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、『アイ・アム・サム』(2001)で天才子役の名をほしいままにしたダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『レザボア・ドックス』(1991)、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロス、マイケル・マドセン、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセルなど、タランティーノ作品ではおなじみの面々が顔を揃えています。ほかには『イン・トゥ・ザ・ワイルド』(2007)のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4.0』(2007)のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』(2018)のダミアン・ルイスなどの新旧実力派が脇を固めています。
 全米公開は 2019年7月26日、日本公開は 2019年秋予定です。

2019年秋 全国ロードショー

配給・宣伝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
<電波・紙パブリシティ> ドリーム・アーツ   <オンラインパブリシティ>ガイエ