プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

 

2019年5月8日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

グローバルなアニメ配給事業会社「ファニメーション」の
新しい事業責任者にコリン・デッカーが就任

本資料は、米国法人ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント傘下のソニー・ピクチャーズ テレビジョンが 2019年5月6日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語要約です。

米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント傘下のソニー・ピクチャーズ テレビジョン(以後「SPT」)は、グローバルなアニメ配給事業会社であるファニメーションの新しい事業責任者(ゼネラルマネジャー)に、コリン・デッカーが就任したことを発表しました。

デッカーは、クランチロール、ディスカバリー、ヴァージンなどの企業で、20年以上に亘って、デジタルおよび体験型エンタテインメント事業に携わってきました。ファニメーションを創業し、25年間同社の社長兼CEOを務めてきたゲン・フクナガは、今年の初めにファニメーションの経営の一線からの退任を決め、今後は会長として新しい経営体制への移行の準備を進めていきます。この移行期間、デッカーはSPTの会長であるマイク・ホプキンズとフクナガにレポートし、フクナガは引き続きホプキンズにレポートします。

SPT会長 マイク・ホプキンズのコメント:
「ファニメーションは、SPTのDTC(ダイレクト・トゥ・コンスーマー)戦略の要であり、アニメ・コミュニティのようなニッチでエンゲージメントの高い視聴者向けのサービス“FunimationNow”を提供している、非常に貴重な資産です。このたび、デッカーのリーダーシップ、新興メディアでの経験、数々の成功の実績が加わることになり、ファニメーションの次のステップを大変楽しみにしています。また、米国においてアニメの先駆者として広く知られ、ソニーのファニメーション買収以降もファニメーションを運営し、今後は会長という新たな役割で経営体制の移行期間も私たちを導いてくれるゲン(フクナガ)には、個人的にも感謝しています。」

コリン・デッカーのコメント:
「ファニメーションは20年以上に亘りマーケットをリードし、アニメを、熱心なファンによる小さなコミュニティから、今日の世界的な話題となるまでに成長させました。この才能あるチームの一員に加わったことを嬉しく思うと共に、この偉大なブランドが培ってきた伝統をさらに積み重ねていくことを誇りに思います。」

SPTによる2017年の買収以後、ファニメーションは急速な成長を遂げ、特にストリーミング・サービスの“FunimationNow”は、昨年、加入者数を倍増させました。

また、ソニーグループは、ファニメーションに加え、SPT傘下のアニマックスや、株式会社ソニー・ミュージック エンタテインメント傘下のアニプレックスなど、他にも強力なアニメ・ビジネスを有しています。ホプキンズとデッカーのリーダーシップの下、ソニーの多様なアニメ・ビジネスとのさらなるコラボレーションについても推進していきます。

デッカーは20年以上、新世代の視聴者に広がるコンテンツとテクノロジーの革新的なコンビネーションを通じて、変革を牽引してきました。SPT入社前には、Within Unlimitedでチーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)を務め、クロスプラットフォームでの配信事業で、体験型メディアとバーチャル・リアリティ分野のテクノロジーに取り組んできました。それ以前は、クランチロールでCOOとして、同社が2017年にAT&Tに買収されるまで、SVOD全般の戦略とその実行の責任者を務め、オリジナル番組やライブ・イベント、マーチャンダイジング、映画化、ゲームを通じて加入者数を2桁成長させるなど、サービス運営に貢献しました。
 

ソニー・ピクチャーズ テレビジョン<Sony Pictures Television(SPT)>について
SPTはテレビ業界の主要なコンテンツ・プロバイダーの1社であり、世界中のあらゆるジャンルおよびプラットフォームに向けて番組を制作、配給しています。受賞作品を含む映画、テレビ番組、フォーマットの業界最大級のライブラリーを保有しています。繁栄を誇るグローバル・コンテンツ・ビジネスの拠点であり、12ヶ国で完全所有もしくはジョイント・ベンチャーの制作会社を24社運営し、世界中でリニアやデジタルのチャンネルを運営しています。SPTはソニー・ピクチャーズ エンタテインメント傘下の企業です。

ファニメーション<Funimation>について
ファニメーションは、SPTの子会社で、アニメ界のグローバル・リーダーです。完全一体型の次世代エンタテインメント・スタジオとして、ファン第一主義を指針に掲げ、オムニチャンネル・アプローチと体験型提案を主業務としています。ストリーミングやホーム・エンタテインメントから映画配給、放送まで、ファニメーションはキャラクターが作り出す物語にこだわり、革新的なテクノロジーと主要な配信パートナーを結び付け、体験型の世界につながる多数の重要なタッチポイントを視聴者に提供しています。次世代ストリーミング・サービスである”FunimationNow”で、視聴者は、お気に入りのコンテンツに、字幕・吹替で、広告なしで、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機など、数多くのプラットフォームで、即座にアクセスすることができます。ファニメーションの映画部門であるFunimation Filmは、幅広い層のファンの興味や要望に応えるため、卓越した世界中の映画制作者からアニメ映画とライブ・アクション映画を買い付けし、劇場へ配給をしています。
 

<お問合せ先>
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コーポレート広報部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス
URL:http://sonypictures.jp