プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2019年10月26日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

★★★『ヴェノム』監督×『デッドプール』脚本★★★

ゾンビランド:ダブルタップ

日本語吹替版、追加キャストが決定!
ピンク大好き★冷凍庫に10年★
ゾンビ社会を明るく生き抜くギャル役に
安達祐実 決定!

ゾンビランド:ダブルタップ

 

 11月22日(金)より全国ロードショーとなる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版の追加キャストが決定しました。

 本作に登場する新キャラクターで、スイーツ店の冷蔵庫の中で長年ゾンビから隠れて生き抜いてきた年齢不詳のギャル、マディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)役の吹替を担当するのは、その奇跡のような美貌から「年齢不詳!」との声が多く上がる女優の安達祐実に決定しました。本作でハリウッド映画の吹替えに初挑戦という安達が、セクシーでキュートなキャラクターを見事に演じます。

 また追加キャストの決定に伴い、マディソンが登場するシーンも公開となりました。中村悠一扮するコロンバス、小山力也扮するタラハシーと交わす軽快なやり取りの中では、「家なし子でーす!」とどこか聞いたことのあるようなワードも。安達扮するマディソンが劇中でどんな活躍を見せるのか、ご期待下さい。

 小山力也、中村悠一、秋山ゆずき、本田貴子といった“対ゾンビ”最強声優陣に加え、安達の参加によって更なるパワーアップを見せる『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版にも是非ご注目ください!

安達祐実/マディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)役 コメント
 今回私はハリウッド映画の吹替に初挑戦ということで、とても緊張しています。私が演じているのは、ゾンビ社会を明るく楽しく生き抜いている、セクシーでキュートなギャルの役です。マディソンは年齢不詳なところがあり、私も時々年齢不詳と言っていただくことがあるので、それで起用していただいたのかなと思います(笑)。私は、ゾンビ映画は怖いのは苦手ですが、この作品は主人公たちがルールを駆使して、明るくゾンビと戦っていく作品です。是非ゾンビランドの世界を楽しんで下さい!

Zombi Land Double Tap

 

ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・ アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!ゾンビ社会(ランド)を明るく生き抜く大切なルール!

 2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

■タイトル:『ゾンビランド:ダブルタップ』 ■全米公開:10月18日 
■監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
■脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
■出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)
◆公式サイト:http://www.zombie-land.jp/ 
◆公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga  
◆公式Facebook:https://facebook.com/SPEeiga  #ゾンビランド

11月22日(金) <ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
TVパブリシティ:倉林
WEBパブリシティ:Kプレス