プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2021年7月1日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『ドント・ブリーズ2』

暗闇の中、あの盲目の老人が襲ってくる大ヒットホラー最新作
8/13(金)日米同時 劇場公開!予告映像&場面写真解禁!

 「20年に1本の恐怖の作品!」と評され、2週連続全米No.1、世界興行収入170億円超え(※1)を記録した『ドント・ブリーズ』(2016)。日本でも公開されるやいなや、88分間緊張しっぱなしの息もつかせないその恐怖は、若者を中心にSNSで瞬く間に拡散。当初わずか33スクリーンでの上映スタートでしたが、満席続出により上映規模が全国に拡大、異例のロングランヒットを記録しました。
 物語の舞台はデトロイトの貧しい田舎町。強盗を企てた若者3人は孤独な盲目の老人が住む屋敷に忍び込み、いとも簡単に大金を手に入れるはずだったが……、暗闇の中遭遇したのは、殺人マシーンと化した異常すぎる老人だった!そして主人公が不気味な地下室で見つけた、想像もしえなかった老人の“ある秘密”——。
 そのホラー映画としての卓逸した完成度に、新海誠監督も自身のTwitterで「噂に違わぬ傑作」と称賛。錚々たるクリエイターや評論家たちをも唸らせた大ヒットホラーの続編『ドント・ブリーズ2』が、8月13日(金)に日米同時で劇場公開決定。この度、予告映像が世界一斉で初解禁されるとともに場面写真も解禁されました。

あれから8年——
あの盲目の老人は、何故か少女を“大切”に育てていた。
ある日その少女が誘拐され……

『ドント・ブリーズ2』

 

 この度解禁された予告編には、目を疑うような光景が。なんとあの盲目の老人は、少女を“大切”に育てていた。8年前の惨劇が起こった屋敷で、二人だけの生活を誰にも邪魔されないよう静かに暮らす老人。しかし彼の少女に向ける表情には、何らかの事情と不気味さを窺わせる—— そんな中、ある謎の武装集団が現れ、少女に近づき屋敷へと足を踏み入れた時、ついにその狂気が目を覚ます——。少女をめぐり、暗闇での惨劇、再び。なぜ老人は、その少女に異常なまでに固執するのか。全ての真実を知った時、前作を超える衝撃に息が止まる! 

 ホラー映画史上“最強の老人”との呼び声高いあの盲目の老人の、想像を絶する8年後の戦慄を描く本作。監督を務めるのは、前作でフェデ・アルバレス監督と共に脚本を手掛けたロド・サヤゲス。またフェデも引き続き共同脚本・製作として名を連ね、サム・ライミが『死霊のはらわた』のリメイクを託すほど絶対的な信頼を寄せるホラー映画界の新たな才能が、我々を更なる恐怖へと導く。フェデは最新作について「前作とは大きく異なるアプローチの“まるで違った続編”」(※2)と言及。更に前作に続きプロデューサーとして参加しているサム・ライミも、「今まで聞いた中で、最高の続編のアイデア!」(※3)と早くも絶賛するとともに、前作での怪演が話題になり、“盲目の老人”役を続投するスティーヴン・ラングも、「前作と大いに親族関係にあるが、多くの意味で独自の代物だ」(※4)と自信をみなぎらせています。

(※1)数字はBox Office Mojo 調べ、1$=110円換算
(※2)2018年11月「MOVIE WEB」記事より
(※3)2016年11月「IGN」記事より
(※4)2020年11月「THE Hollywood REPORTER」記事より

予告映像YouTubeリンク:
https://youtu.be/P-ufIGf-_M4

■クレジット表記
・タイトル:『ドント・ブリーズ2』 
(原題:DON’T BREATHE 2)
・日本公開表記: 8月13日(金)全国ロードショー
・監督:ロド・サヤゲス 
・脚本:フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
・製作:フェデ・アルバレス/サム・ライミ/ロブ・タパート 
・出演:スティーヴン・ラング/ブレンダン・セクストン3世/マデリン・グレース
・US公開日:2021年8月13日予定

■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト:https://www.donburi-movie.jp/
・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/donburimoviejp
#ドンブリ2

<宣伝お問い合わせ>
【電波パブリシティ】 曽我 
【WEB&紙パブリシティ/配給・宣伝】 
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部

8月13日(金)日米同時公開!