プレスリリース

このページを印刷する

 <報道資料>

SPE Logo

2021年8月24日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

全 世 界 待 望!
予告映像 & 場面写真 初解禁!

トム・ホランドが主演を務める、世界的大ヒットシリーズ『スパイダーマン』。2017年『スパイダーマン:ホームカミング』では、高校生の主人公ピーター・パーカーが<真のヒーロー>へと成長する過程が描かれ、2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、師匠アイアンマンの<鉄の意志>を継ぎ、ホームのニューヨークから遠く離れたヨーロッパを舞台に、新たな脅威に挑むさまが描かれました。そしてこの度、前2作と同じくジョン・ワッツが監督を務める、シリーズ3作目となる最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の初公開映像となる予告編と場面写真が、ついに世界一斉解禁されました。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

正体を明かされてしまったピーター・パーカー。ドクター・ストレンジが人々の記憶からピーターがスパイダーマンであることを消す呪文を唱え、マルチバースが出現。「このままだと危険だ……」 今回解禁された予告映像は、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の続きが描かれます。
前作でホログラム技術を武器として操るミステリオ(ジェイク・ギレンホール)を倒したピーターだったが、彼の遺した映像をデイリー・ビューグルが世界に公開したことで、ミステリオ殺害の容疑がかけられ、正体が明かされることに。マスコミは騒ぎ立て、ピーターの生活は一変してしまう……。大切な人に危険が及ぶことを恐れたピーターは、共にサノスと闘ったドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に力を借りに行く。自分がスパイダーマンだと知られていない世界にして欲しいというピーターの頼みを聞いたストレンジは呪文を唱えるが、やがて時空が歪んでしまい――。

予告の後半ではマルチバースが出現した後が描かれ、そこには、サム・ライミ監督版『スパイダーマン』(2002)に登場する《グリーンゴブリン》の武器であるパンプキンボム、そして『スパイダーマン2』(2004)に登場した《ドック・オク》こと《Dr.オクタビアス》がピーターの前に立ちはだかる。二つの人生を同時に歩み始めたピーターはストレンジから「このままだと危険だ……大変なことになる。どちらか一つを選ばなければ」と警告される――。これまでの過去のスパイダーマン作品と登場人物がどのように関係してくるのか。早くも憶測の止まらない予告映像となっています。

予告映像YouTubeリンク:
https://youtu.be/w86PoS0e0XI

■クレジット表記
・タイトル:『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 ※コロン「:」は全角
・原題:Spider-Man: No Way Home
・日本公開表記:COMING SOON
・監督:ジョン・ワッツ
・出演:トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ
・コピーライト:©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

■オフィシャルサイト&SNS
◆スパイダーマン公式Twitter: https://twitter.com/spidermanfilmjp
◆スパイダーマン公式Facebook: https://www.facebook.com/SpiderManJapan/
◆スパイダーマン公式Instagram: https://www.instagram.com/spidermanfilm_jp/
◆ソニー・ピクチャーズ映画公式TikTok: https://www.tiktok.com/@sonypicseiga
#スパイダーマンNWH #スパイダーマン

<宣伝お問い合わせ>
【WEBパブリシティ】フラッグ
【電波パブリシティ】曽我 
【紙ラジオパブリシティ/配給・宣伝】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部

COMING SOON