プレスリリース

このページを印刷する

 <報道資料>

SPE Logo

2021年11月17日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

最新予告映像が世界一斉解禁!
さらに新場面写真も解禁!

 全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。その第一弾予告編は、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)が保持する記録を大きく更新し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となりました。この度、トム・ホランド自身もコメントで”シリーズ史上最高傑作“と自信をみなぎらせ、日本で2022年1月7日(金)に公開される『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の最新予告映像が到着。場面写真とともに世界一斉解禁されました。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

過去シリーズのヴィランたち
《グリーンゴブリン》、《ドック・オク》、《エレクトロ》、《サンドマン》、《リザード》が登場!
時空を超えて、ピーター・パーカーに襲い掛かる――。

 世界中にスパイダーマンであることを明かされたピーター・パーカー。ドクター・ストレンジはピーターから頼まれ、人々の記憶からピーターがスパイダーマンだという記憶を消す呪文を唱えますが、やがて時空が歪み……、マルチバースが出現。それぞれのユニバースから過去のヴィランたちを呼び寄せてしまいます。
 今回解禁された予告編には、『スパイダーマン2』(2004)に登場した《ドック・オク》ことDr.オットー・オクタビアス、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)に登場した《エレクトロ》、『スパイダーマン』(2002)に登場した《グリーンゴブリン》、『スパイダーマン3』(2007)に登場した《サンドマン》、『アメイジング・スパイダーマン』(2012)に登場した《リザード》の姿をはっきりと確認することができます。時空を超えて集結した、過去シリーズのヴィランたち。予告編では”彼らの存在がこのユニバースを危うくする“として、ストレンジが彼らを元のユニバースに戻すべくピーター、彼女のMJ、親友のネッドの3人に危険を訴えますが、その後さらなる混乱が引き起こされようとする様が描かれます。複数のユニバースを同時に生き始めたピーター。「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結します。また、本作で初登場するスパイダーマンの【ブラック&ゴールドスーツ】と【インテグレーテッドスーツ】も予告編の中で確認することができます。

予告3 YouTubeリンク:
https://youtu.be/-XT5bbq6CU4

■映画予告編
◆予告1:https://youtu.be/27aCYrEByt8
◆予告2(60秒):https://youtu.be/8atA_JgcWaI

■クレジット表記
・タイトル:『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 ※コロン「:」は全角
・原題:Spider-Man: No Way Home
・日本公開表記:2022年1月7日(金)全国ロードショー
・監督:ジョン・ワッツ
・出演:トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ
・コピーライト:©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

■オフィシャルサイト&SNS
◆スパイダーマン公式Twitter: https://twitter.com/spidermanfilmjp
◆スパイダーマン公式Facebook: https://www.facebook.com/SpiderManJapan/
◆スパイダーマン公式Instagram: https://www.instagram.com/spidermanfilm_jp/
◆ソニー・ピクチャーズ映画公式TikTok: https://www.tiktok.com/@sonypicseiga
#スパイダーマンNWH #スパイダーマン

<宣伝お問い合わせ>
【WEBパブリシティ】フラッグ
【電波パブリシティ】曽我
【紙ラジオパブリシティ/配給・宣伝】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部

2022年1月7日(金)全国ロードショー!