プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2021年12月1日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

主演:岡田准一 × 監督:原田眞人
映画『ヘルドッグス』2022年秋 全国公開決定

ノンストップな展開と、ぶっ飛ぶほどのカッコ良さ!
最高にクレイジーな岡田准一に完全ノックアウト!

『ヘルドッグス』

岡田准一、新たな挑戦!
正義も感情も捨てた、究極のダークヒーロー!
ヤクザ組織に潜入し、“狂犬”としてのし上がる、元警官に!

 この度、東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの共同配給で制作される映画『ヘルドッグス』が2022年秋に全国ロードショーすることが決定しました。
 監督・脚本を担うのは、『関ヶ原』(17)、『検察側の罪人』(18)『燃えよ剣』(21)など数々のヒット作を生み出す原田眞人。主演は、『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き原田監督との3作品目のタッグとなる岡田准一。監督と俳優という関係を超えた二人の信頼感で、作品に魂を注入します。また、岡田は本作でも技闘デザイン(アクション振り付け)を担当し、クランクイン前から原田監督と綿密な打ち合わせを経て、劇中のキャラクターの個性にあったリアルかつ創作的なアクションを振り付けています。
 その岡田が演じるのは、正義も感情も捨て、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)という今まで演じたことのない役柄。兼高は、愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、闇に落ち、正義も感情も捨て復讐することにのみ生きていた男で、その闇と狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、ヤクザ組織への潜入という危険なミッションを強要される複雑なキャラクター。伸び切った髪、無精髭に、タンクトップから覗く肩と腕に広がるトライバルタトゥー姿の兼高の姿は国籍不明でアウトローな雰囲気を醸し出していて、岡田准一の新境地が垣間見えます。
 原作は、デビュー作「果てしなき渇き」で2004年の第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生による小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)。発売してすぐ“警察小説を超えた問題作”として話題になった本作を、監督自ら、主演に岡田准一をイメージしながら脚本を執筆し、原田ワールドを作り上げました。
 岡田は、「撮影中にこれは完成したらどうなるんだろうと、ずっとシビレてました。どこにもあてはまらない、とんでもない作品になる事は間違いないと思います。さすが原田監督!この時代にこの映画がどう観られるのかそれが楽しみです。」と期待の高まるコメントを寄せ、本作の手応えを見せています。
 また原田監督は「心底カッケー潜入捜査官映画を撮ってやるぞと心に誓い、岡田准一さんに、野獣のごとき鉄拳極道潜入捜査官を演じてもらいたいと熱望し、コロナ禍で苦戦しつつも、ねばりにねばって完成することができました。男たちは美しく滅び、女たちは強く生き抜く、そういう闇の奥の隠し味も是非是非味わってもらいたい、と思っております。」とコメントを寄せています。
 なお、本作の撮影は、すでに完了しています。(撮影期間:2021年4月2日~5月14日)
 ハードなアクションはもちろん、裏社会をドラマティックに描く新たな岡田×原田監督作品は、既定の枠には収
まらないまさに、究極のエンタテインメントです。

作品クレジット
出演: 岡田准一
脚本・監督: 原田眞人
原作: 深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)
配給: 東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
著作 ©2022 「ヘルドッグス」製作委員会
公式HP: www.helldogs.jp
公式SNS: @HELLDOGS_MOVIE

映画「ヘルドッグス」 <コメント>

岡田准一(主演)
撮影中にこれは完成したらどうなるんだろうと、ずっとシビレてました。
どこにもあてはまらない、とんでもない作品になる事は間違いないと思います。
さすが原田監督!
この時代にこの映画がどう観られるのかそれが楽しみです。

1980年11月18日生まれ。大阪府出身。95年、V6のメンバーとしてCDデビュー。ドラマ・映画・ラジオ・バラエティなど多岐に渡って活躍。『陰日向に咲く』(08/平川雄一郎監督)、『SP 野望篇』・『SP 革命篇』(10・11/波多野貴文監督)、『図書館戦争』シリーズ(13・15/佐藤信介監督)などで主演を務め13年は『永遠の0』(山崎貴監督)に主演、興行収入87億円の大ヒットを記録した。14年には、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に主演。その他近年の作品に『海賊とよばれた男』(16/山崎貴監督)、『追憶』(17/降旗康男監督)、『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)、『来る』(18/中島哲也監督)、『ザ・ファブル』シリーズ(19・21/江口カン監督)、『燃えよ剣』(21/原田眞人監督)など。

原田眞人(監督・脚本)
心底カッケー潜入捜査官映画を撮ってやるぞと心に誓い、岡田准一さんに、野獣のごとき鉄拳極道潜入捜査官を演じてもらいたいと熱望し、コロナ禍で苦戦しつつも、ねばりにねばって完成することができました。男たちは美しく滅び、女たちは強く生き抜く、そういう闇の奥の隠し味も是非是非味わってもらいたい、と思っております。

1949年7月3日生まれ。静岡県出身。黒澤明、ハワード・ホークスといった巨匠を師と仰ぐ。79年、『さらば映画の友よ インディアンサマー』で監督デビュー。『KAMIKAZE TAXI』(95)は、フランス・ヴァレンシエンヌ冒険映画祭で准グランプリ及び監督賞を受賞。『金融腐蝕列島〔呪縛〕』(99)、『クライマーズ・ハイ』(08)、『わが母の記』(12)、『駆込み女と駆出し男』(15)、『日本のいちばん長い日』(15)など数多くの作品を手掛けている。17年に公開した『関ケ原』では第41回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀作品賞などを受賞。18年公開の『検察側の罪人』、21年公開の『燃えよ剣』の公開が記憶に新しい。『ラスト サムライ』(03/エドワード・ズウィック監督)では、俳優としてハリウッドデビューを果たしている。

深町秋生(原作)
1975年山形県生まれ。2004年『果てしなき渇き』で第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。同作は14年『渇き。』として映画化、話題となる。18年『地獄の犬たち』(文庫化にあたり『ヘルドッグス 地獄の犬たち』に改題)が第20回大藪春彦賞の候補になるなど、潜入捜査官の葛藤を描き、警察小説を超えた問題作として話題になる。著書に「八神瑛子」シリーズのほか、「バッドカンパニー」シリーズ、『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』『煉獄の獅子たち』『鬼哭の銃弾』などがある。

『ヘルドッグス』

タイトル:『ヘルドッグス 地獄の犬たち』
著者:深町秋生 刊行:角川文庫/KADOKAWA

2022年 秋 日本映画は進化する!

<宣伝問い合わせ先:マンハッタンピープル>