プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2022年3月23日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン』、『ヴェノム』のスタジオが贈る、マーベル新キャラクター

『モービウス』

モデル・女優のトリンドル玲奈がマイケル・モービウスにメイクで変身!
モービウス役のジャレッド・レトもそのクオリティに大興奮!
&トリンドルの素顔を見て熱烈ラブコール!?

ジャレッド「オーマイガー!まるで鏡を見ているようだ。驚きの変身ぶりだね!
今度はメイクなし、ヒゲなしで直接会いたいな。」

 マーベルの新たなるヴィランを描く映画『モービウス』が、4月1日(金)に日米同時公開されます。原作コミックではスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウス。しかし、その素顔は命を救うことに情熱を注ぐ天才医師マイケル。血に飢えた<ヴィラン>と<命を救う医師>という二つの顔を持つ彼を、徹底した役作りで知られるアカデミー賞®受賞俳優のジャレッド・レトが演じます。
 この度、マーベル映画ファンを公言するモデルで女優のトリンドル玲奈が、本作の主人公マイケル・モービウスに変身する驚きのメイク映像と、変身した姿でジャレッド・レト本人と対面したインタビュー映像が解禁されました。

『モービウス』

生きるため、<血への渇望>という大きな代償を抱えたモービウス。
彼がこの世界にもたらす、破壊と衝撃とは――。

 天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変――。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない<血への渇望>だった。まるで血に飢えたコウモリのように、自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルの前に、生きるためにその血清を投与してほしいと親友マイロが現れる。懇願するマイロを「危険すぎる、人間ではいられなくなる」と拒み続けるマイケル。しかしNYの街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発する――。

 今回、モデルやドラマなど幅広い分野で活躍するトリンドル玲奈が、新しいマーベルキャラクター『モービウス』のマイケル・モービウスに変身する驚きのメイク映像が解禁となりました。
 トリンドルは、「今日はなんと私も大好きなマーベルの最新作『モービウス』の、あのキャラクターに変身できるといいうことでワクワクしています。」と、ニッコリ。2時間以上かけて変身メイクする工程をダイジェストにした映像となっています。モービウスの一番印象的な“目力”を表現したアイメイクが終わると、いよいよトリンドルも気になっていたヒゲを付ける工程へ。「くすぐったい~」と笑いながら、人生初の体験に照れ笑いを見せました。最後にジャレッド・レトに合わせたブルーグリーンのカラーコンタクトをつけ、見事なマイケル・モービウスに大変身!トリンドルはその姿に「大好きなマーベル作品の登場人物になれてすごい不思議な気持ちです。」と、コメントしています。

 また、マイケル・モービウスにメイクで変身したトリンドル玲奈が、なんとジャレッド・レト本人と対面し、インタビューする映像も合わせて解禁。 トリンドルはマイケル・モービウスに変身した姿で、「ジャレッドさんはどんなリアクションをしてくださるのかな?似てる…のかな?ビックリしてもらえたら嬉しいです。」と、インタビュー前に緊張した様子。さらに、「『モービウス』での役作りがすごくて、全然違う体の使い方や、雰囲気を使い分けていたのが本当にすごい。そのあたりのことを聞いてみたいと思います。」と、意気込みを披露しました。

 そして、顔を隠したトリンドルがいよいよジャレッド・レトとご対面。ジャレッドに「ハロー」と声をかけられたトリンドルは、ジャジャン!と、変身姿を披露。その姿を見たジャレッドは無言でサムズアップすると、「オーマイガー」と一言。続けて「すごい、これ誰?すごすぎてビックリ!まるで鏡を見ているようだ。」と、感激したようで、「僕がそんなにカッコよかったら、人生に心配事なんてないだろうね。」と、コミカルに話します。さらにトリンドルにメイク前の写真を見せされると「それが?ビックリ!美人だね。驚きの変身ぶりだね。」と、大絶賛。
 トリンドルは、役作りで一番苦労されたことをジャレッドに質問すると「君自身も大きく変貌しているから、マイケル・モービウスになる気持ちがわかると思うけど、僕も変貌することで新しいマーベル・キャラクターの映画を作れたことを、とても光栄に思うんだけども…」と、返答していた途中で、「カメラに寄ってもう一度顔を見せて、ディテールが気になっちゃって。素晴らしいよ。本当に全力を注いでくれたんだね。」と大爆笑。そして突然、“かたつむり そろそろ登れ 富士の山”と一句読み、「これが僕の好きな俳句。日本語で習ったんだ。」と、小林一茶の俳句を、自身のお気に入りとして日本語で披露しました。
 さらに、女性が『モービウス』を楽しめる所は?とジャレッドに質問すると、「緻密なストーリーとキャラクター、マーベル・ユニバースの映画において登場しなかった新しいキャラクターかな。そして僕とマイケル・モービウスと時間を共に過ごすことを楽しんでもらいたい。」と答え、「今度はメイクなし、ヒゲなしで直接会いたいな」と熱烈ラブコールを送り、トリンドルの変身について感謝と感動で締めくくりました。

 インタビューが終わったトリンドルは、「本当に優しくて、たくさん褒めてくださって、本当に嬉しかったです。」と話し、公開を4月1日に控えた『モービウス』について、「私はマーベル作品がすごく好きなんですけれども、その中でも今回はずっと見入ってしまうような、色々なことを感じさせられます。ぜひぜひ皆さん観てください。」と、見どころを話しました。

■トリンドル玲奈がマイケル・モービウスに変身メイク 特別映像(YouTube URL)
https://youtu.be/4FmmXR_uyFo

■大変身したトリンドル玲奈がジャレッド・レト本人と対面 インタビュー映像(YouTube URL)
https://youtu.be/TSbjfX4TwcQ 

■映画予告編⑤ YouTubeリンク:
https://youtu.be/UqQLsZEwyic

■クレジット表記
・タイトル:『モービウス』
・原題:MORBIUS
・日本公開表記:4月1日(金)全国の映画館にて公開
・US公開日:4月1日(金) 
・監督:ダニエル・エスピノーサ
・脚本:マット・サザマ/バーク・シャープレス
・出演:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナ/ジャレッド・ハリス/アル・マドリガル/タイリース・ギブソン
・日本語吹替版声優:中村悠一(モービウス)、杉田智和(マイロ)、小林ゆう(マルティーヌ)、楠大典(ストラウド)、田村睦心(少年時代のモービウス)、松本沙羅(少年時代のマイロ)
・コピーライト:©2022 CTMG. © & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト:https://www.morbius-movie.jp
・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/morbiusmoviejp
・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/morbiusmoviejp/
・オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/MorbiusMovieJP/

4月1日(金)全国の映画館にて公開!

<宣伝お問い合わせ>
【TVパブリシティ】曽我 【WEBパブリシティ】伊達 
【紙&ラジオパブリシティ】ハート&ハート
【配給・宣伝】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部