プレスリリース

このページを印刷する

 <報道資料>

2022年4月13日

『耳をすませば』

実写映画『耳をすませば』がいよいよ始動。
特報映像・ティザービジュアル完成!
中学生の月島雫に安原琉那、天沢聖司に中川翼!

 1989 年、柊あおいが少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画『耳をすませば』。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫(つきしましずく)が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司(あまさわせいじ)に想いを寄せていく健気な姿が共感を呼びました。1995 年、その人気漫画をスタジオジブリがアニメ映画化し、大ヒットを記録。その後地上波でも度々放送され、青春映画の金字塔として、多くの方々の胸に刻まれています。

 そんな人気漫画原作を元に、新たな実写映画が誕生することを 2020 年 1 月に発表すると、SNS のトレンドに複数の関連ワードがランクインするなど、当日の話題を席巻するほどの大反響となりました。今回の実写映画では、漫画・アニメ映画で描かれた中学生の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの 10 年後の物語が加わり二重構造で描かれること、また大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李W主演で演じること、ヒットメーカーの平川雄一朗がメガホンを取ることは既報の通りです。

 その後コロナ禍となり、続報を今か今かとお待ちいただいておりましたが、この度、本作の世界観を忠実に再現した特報映像とティザービジュアルが完成しました。

『耳をすませば』

 

『耳をすませば』


 特報映像では、ファンにはお馴染みの『地球屋』『図書カード』や『自転車』、本作の象徴的なキャラクター『バロン』が登場。中学生の時に交わした約束と、大人になったいま、日本=イタリア(海外)と離れ離れになりながらもお互いを想い続け、夢に向かって突き進む様を、前後半に分けて表現しました。映像の最後には弦楽器の音色も流れ、本作への期待が更に高まる内容となっています。また、ラストのナレーション(タイトル)では、アニメ映画で月島雫の声を担当した声優・本名陽子(ほんなようこ)が、その一言に想いを乗せ、情感たっぷりと語りかけます。

 一方のティザービジュアルでは、『地球屋』で変わらずに二人をずっと見守り続ける『バロン』の後ろ姿と、彼が見つめるその先に 10 年の成長を描き、ノスタルジックで、エモーショナルな雰囲気を漂わせています。

 また、公開日も 10 月 14 日(金)に決定。いよいよこの秋、新たな『耳をすませば』が誕生します。

 更に追加キャストとして、中学生の月島雫を安原琉那(やすはらるな)が、天沢聖司を平川組三度目となる
中川翼(なかがわつばさ)が演じることもこの度、発表します。実写映画『耳をすませば』にどうぞご期待ください。

◆映像:特報映像(30 秒)
YouTube リンク先 URL:https://youtu.be/3ytbzOw3q7g

<原作書影クレジット>
©柊あおい/集英社
原作「耳をすませば」柊あおい(集英社文庫<コミック版>刊)

<映画コピーライト>
©柊あおい/集英社 ©2022『耳をすませば』製作委員会

<月島雫役:安原琉那プロフィール>
2006 年 11 月 11 日生まれ。千葉県出身。NHK 連続テレビ小説「スカーレット」川原直子少女時代役、日本テレビ 24 時間テレビドラマスペシャル「絆のペダル」宮澤妙子幼少期役、テレビ朝日「特捜 9」幼い菜々子役、フジテレビ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」澤本歩美役、東海テレビ「その女、シルバ」きら子幼少期役、TBS「中学聖日記」岩崎りか役、など多くのドラマで活躍。本作が映画初出演。

<天沢聖司役:中川翼プロフィール>
2005 年 12 月 6 日生まれ。神奈川県出身。4 歳でモデルデビューを果たし、その後は子役として活動を始める。主な出演作は、TV ドラマ『私を離さないで』(16 年)、大河ドラマ「おんな城主直虎」(17 年)、『青の SP-学校内警察・嶋田隆平-』、『ひきこもり先生』(21 年)など。映画では『僕だけがいない街』(16 年)、『アイネクライネナハトムジーク』(19 年)、『浅田家!』(20 年)、『Arc(アーク)』(21 年)をはじめとする話題作に数多く出演し、主要人物の幼少期や少年時代を担ってきた。21 年には映画『光を追いかけて』で初主演を務めた。

<作品情報>
◆映画タイトル:『耳をすませば』
◆出演:清野菜名、松坂桃李/安原琉那、中川翼
◆監督・脚本:平川雄一朗
◆原作:柊あおい「耳をすませば」(集英社文庫<コミック版>刊)
◆配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹
◆公開表記:10.14 ROADSHOW

<お問い合わせ>
株式会社サーティースリー

10.14 ROADSHOW