プレスリリース

このページを印刷する

 <報道資料>

SPE Logo

2022年8月8日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ブラッド・ピット【主演】 × 伊坂幸太郎【原作】 × 『デッドプール2』【監督】

『ブレット・トレイン』

全米初登場No.1!
全世界累計興行収入もオープニングNo.1!

 伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリー・アクション超大作『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)に劇場公開されます。

 本作が現地時間8月5日(金)に全米4357館で公開され、週末3日間(8月5日~7日)で興行収入3012万5000ドル(約41億円)を稼ぎ、全米オープニングNo.1の大ヒットスタートとなりました。(※8/8付Box Office Mojo調べ、1ドル=135円換算、8/8現在)

 全米以外の海外の累計興行収入は3240万ドル(約44億円)。全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は6252万5000ドル(約84億円)となり、全世界累計興行収入でもNo.1オープニングとなりました。

 ブラッド・ピットが演じるのは、世界一不運な殺し屋レディバグ。仕事中、いつも事件に巻き込まれ、自分とは無関係な人間の死に遭遇してしまうようなキャラクターです。今回のミッションは、東京発の超高速列車でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが…次から次へと乗ってくる身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても、降りられない! 乗り合わせた殺し屋はレディバグ合わせて10人。しかしそれは、偶然ではなく仕組まれた罠。終着駅の京都に近づくにつれて繋がっていく10人の過去、そして因縁。物語の最後、明らかになる衝撃の真実とは――? 東京から京都までの超高速列車内と停車駅を舞台に、唯一無二で壮絶なアクションが繰り広げられます。

 ブラッド・ピットとデヴィッド・リーチ監督の来日も決定し、公開に向けどんどん盛り上がりを魅せる本作。本作の舞台である日本の観客の前で、ブラッド・ピットたちはどのような想いを語るのでしょうか。ぜひご期待ください。

■映画予告編
<予告4>YouTubeリンク https://youtu.be/5FrXm0sQOio

■クレジット表記
・タイトル:『ブレット・トレイン』 (原題: BULLET TRAIN)
・日本公開表記:9月1日(木)全国の映画館で公開
・US公開日:8月5日
・原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)
・監督:デヴィッド・リーチ
・脚本:ザック・オルケウィッツ   
・キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック
・日本語吹替版声優:堀内賢雄(レディバグ)、山本舞香(プリンス)、津田健次郎(タンジェリン)、関智一(レモン)、木村昴(ウルフ)、井上和彦(エルダー)、阪口周平(キムラ)、立川三貴(ホワイト・デス)
・上映時間:2時間6分
・レーティング:R15+

■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト:https://www.bullettrain-movie.jp
・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/BulletTrainJP
・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BulletTrainJP/
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga

9月1日(木)全国の映画館で公開!

<宣伝お問い合わせ>
【TVパブリシティ】曽我 
【WEBパブリシティ】佐々木紀子
【紙&ラジオパブリシティ】山中  
【配給・宣伝】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部