プレスリリース

このページを印刷する

 <報道資料>

SPE Logo

2022年8月23日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ブラッド・ピット【主演】 × 伊坂幸太郎【原作】 × デヴィッド・リーチ【『デッドプール2』監督】

『ブレット・トレイン』

ブラッド・ピット、人生初の厄除けを体験!
「ドウモアリガトウ」と、日本語を交えてメッセージ!
「お坊さんたちもとても素敵で、涙目になりました」

『ブレット・トレイン』

 

『ブレット・トレイン』


 伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したアクション超大作『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)に劇場公開されます。

 ブラッド・ピット演じる<世界一運の悪い殺し屋>レディバグは、ブリーフケースを奪うよう指令を受け、気合たっぷりに<東京発・京都行>の超高速列車に乗り込む。だがしかし、それは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった…。次々と身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われるが、彼らは偶然乗り合わせたのか、それとも誰かに集められたのか...。やがて殺し屋たちの過去がつながり、終着点・京都で衝撃の真実が明らかになる――。

 この度本作のプロモーションで3年ぶり14回目の来日を果たした主演のブラッド・ピットが、自身の演じる<世界一運の悪い殺し屋>レディバグにちなみ、東京都内のお寺で厄除けを初めて体験しました。今年【前厄】であるブラッド・ピットが災厄を祓い、ここから始まる『ブレット・トレイン』の来日プロモーションが成功するようご祈祷を実施。その後、ブラッド・ピットと列車内で激しいアクションシーンを見せるタンジェリン役のアーロン・テイラー=ジョンソン、『ファイト・クラブ』などの作品ではブラッド・ピットのスタントマンだったという経歴を持つデヴィッド・リーチ監督、監督の妻で本作のプロデューサーであるケリー・マコーミックとともに厄除け体験を語り、公開を待ち望む日本のファンへのメッセージを送りました。

―『 ブレット・トレイン 』ブラッド・ピット厄除け初体験 概要―
イベント時間 8/22(月) 18:00-18:30
*場所:高野山東京別院(東京都港区高輪3丁目15-18)
*登壇者(敬称略):
<ご祈祷>ブラッド・ピット
<Q&A>ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン
/デヴィッド・リーチ監督/ケリー・マコーミック(製作)

 アーロン・テイラー=ジョンソン、デヴィッド・リーチ監督、製作のケリーマコーミックらの来日プロモーションメンバーが見守る中、人生初の厄除けを体験したブラッド・ピット。僧侶たちが<護摩木>という特別な薪を用いて火をくべ、揺らめく御護摩の炎に御護摩札をあてることでお不動さまのご利益を頂き、そして、最後はブラッド・ピット自身もお不動さまに手を合わせて、御真言(お経)を唱えてお祈りするという 、神性な儀式が執り行われました。

 厳かな儀式の後記者たちの前に登壇、初めての厄除け体験について語ったブラッド・ピット。「とにかく私は今びっくりしています。というのはこのレディバグという、映画の中のキャラクターがものすごく悪運が強くて、ツキが無い男なんで、こういう厄除けやったら楽しんじゃ無いかなという、軽い気持ちだったんです」「でも実際に今経験してみますと、とってもお寺も美しいですし、ほんとに全てが美しい体験でした。お坊さんたちもとっても素敵で、ちょっと涙目になってしまいました」と感動しきり。「日本という国がとても美しい、文化も美しいと思うんですね」「ファンの皆さんに心を込めて<ドウモアリガトウ>と申し上げたいです」と日本語を織り交ぜながら、感謝を述べました。

 また、今回が初来日となる、ブラッド・ピットの厄除け体験を見守ったアーロン・テイラー=ジョンソンも「圧倒された」「非常に美しかった」と大感激。デヴィッド・リーチ監督と製作のケリー・マコーミックも、声を揃えて「本当に美しいセレモニーだった」語り、『ブレット・トレイン』の物語が始まる場所<東京>でのプロモーションの成功を祈りました。

超高速列車に乗り合わせた10人の殺し屋たち
それは仕組まれた罠だった…やがて繋がる10人の過去、そして因縁
物語の最後、終着点・京都で明らかになる衝撃の真実とは――
時速350km、京都に向かって絶望が加速する120分――
ブラッド・ピット主演、待望のミステリー・アクション。

 伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演x『デッドプール2』監督でハリウッド映画化。原作は累計300万部を超える大ヒットを記録した伊坂幸太郎の小説<殺し屋シリーズ>の第二作「マリアビートル」(角川文庫刊)。乗り合わせた殺し屋たちの任務と因縁が交錯するサスペンスフルな展開と、個性溢れるキャラクター描写が魅力の大ベストセラー小説を、『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化。ノンストップでド派手なアクション・エンタテインメントが誕生しました。

■映画予告編
<予告4>YouTubeリンク https://youtu.be/5FrXm0sQOio

■クレジット表記
・タイトル:『ブレット・トレイン』 (原題: BULLET TRAIN)
・日本公開表記:9月1日(木)全国の映画館で公開
・US公開日:8月5日
・原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)
・監督:デヴィッド・リーチ
・脚本:ザック・オルケウィッツ   
・キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック
・日本語吹替版声優:堀内賢雄(レディバグ)、山本舞香(プリンス)、津田健次郎(タンジェリン)、関智一(レモン)、木村昴(ウルフ)、井上和彦(エルダー)、阪口周平(キムラ)、立川三貴(ホワイト・デス)
・上映時間:2時間6分
・レーティング:R15+

■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト:https://www.bullettrain-movie.jp
・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/BulletTrainJP
・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BulletTrainJP/
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/
・ソニー・ピクチャーズ映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga

9月1日(木)全国の映画館で公開!

<宣伝お問い合わせ>
【TVパブリシティ】曽我 
【WEBパブリシティ】佐々木紀子
【紙&ラジオパブリシティ】山中  
【配給・宣伝】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部