最新ニュース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2024年3月27日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

全世界興行収入、まさかの300億円越え!
令和のラブコメ映画史上、No.1大ヒット!

5月10日(金)待望の日本公開決定!
日本版予告・ポスター解禁!

 アメリカで社会現象化。昨年12月のホリデーシーズンに公開されるやいなや、令和のラブコメ映画史上No.1の超特大ヒットをたたき出した”Anyone But You”が、邦題を『恋するプリテンダー』として、5月10日(金)より全国の映画館にて公開が決定しました。


 弁護士を目指してロースクールに通うビー(シドニー・スウィーニー)は、街角のカフェで出会った金融マンのベン(グレン・パウエル)と最高の初デートをするが、ちょっとした行き違いによって燃え上がったはずの恋心が一気に凍りついてしまう。数年後、そんな2人はオーストラリアで同じ結婚式に出席することになり最悪にも再会。真夏のリゾートウェディングに皆が心躍らせる中、周囲も気を遣うほどの険悪ムードな2人だったが、復縁を迫る元カレから逃げたいビーと元カノの気を引いてヨリを戻したいベンは、お互いの望みを叶えるために恋人のフリをするというまさかのフェイク・カップル契約を結ぶ。果たしてウソつきな2人は、最高のカップルを演じきることができるのか…⁉ オトナ男女の意地とプライドを懸けた”××きゅん”(読み:チョメきゅん)ラブゲームの火蓋が切って落とされる!

 本作は現在、なんと全世界興行収入は2.16億ドル越え(=約327億円 ※3/25時点レート 1ドル151円)を記録しており、これは『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016)、『クレイジー・リッチ!』(2018)以来の”2億ドルの大台突破”という快挙を達成。令和初の大ヒットラブコメとして海外でも大好評で、米大手口コミサイトの「Rotten Tomatoes」でもオーディエンススコアが87%(※3/25時点)、さらにSNS上では「歴代映画史上、最高のロマンティックコメディ」「ラブコメの時代が帰ってきた!」「観たいものが全部詰まっている!」という絶賛の声が溢れています。

 主演を務めるのは、今ハリウッドで最もホットで引っ張りだこな2人の新世代トップスター。映画にドラマに、とにかくオファーが絶えないZ世代のニューヒロイン、女優シドニー・スウィーニー。デビュー当初は「クリミナル・マインド」「グレイズ・アナトミー」などの人気ドラマに脇役で出演を重ね、2019年クエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演したことをきっかけに注目度が上昇。SNS時代の若者を描いたゼンデイヤ主演の学園ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」で数々の衝撃的な演技を披露し、2022年のエミー賞にノミネート。同年「ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテル」シーズン1でも同賞にダブルノミネートされるなど演技力も高く評価されている実力派。最近では、実在した元諜報員のリアリティ・ウィナーを体当たりで演じた『Reality(原題)』で2024年のクリティクス・チョイス・アワードにノミネートされ、ホラー映画『Immaculate(原題)』(2024)ではシリアスな演技も魅せるなど、活躍の場を広げています。ファッション&ビューティ業界からもラブコールの嵐で、世界的ラグジュアリーブランド「Miu Miu(ミュウ ミュウ)」や「ARMANI Beauty(アルマーニ ビューティ)」をはじめ、様々なブランドの広告塔にも抜擢。SNSでも2000万人以上の総フォロワーを抱える人気っぷりは正真正銘、今ハリウッドで”一番バズってる女優”です。 
 共演には俳優のグレン・パウエル。トム・クルーズ主演のメガヒット作『トップガン マーヴェリック』(2022)では、トム演じるマーヴェリックが教官を務めるエリート・パイロットチームのメンバー、ハングマン役を演じて一躍大ブレイク。チームメイトや教官に反発するクセ者ながらも、最後には最高にカッコイイ見せ場をかっさらった姿に、世界中の映画ファンがフォーリンラブ。面白くて優しい人柄からか、トーク番組やSNSではたびたびイジられるなど、誰もが認めるハリウッド随一の愛されイケメン若手俳優です。シドニーとの相性抜群なラブ・ケミストリーに要注目。

 監督はラブコメ界の巨匠ウィル・グラック。これまでにエマ・ストーン主演の青春コメディ『小悪魔はなぜモテる?!』(2010)や、大都会ニューヨークを舞台に”都合のイイ関係”な男女をポップに描いたジャスティン・ティンバーレイク×ミラ・クニス共演の『ステイ・フレンズ』(2011)といった名作を世に送り出してきた、まさに”ラブコメ神”。上記2作品に加え、『ピーターラビット』シリーズやウィル・スミス製作のミュージカル映画『ANNIE/アニー』(2014)などの世界的ヒット作も手掛けています。なかでも魅力的なサウンドトラックを駆使した映像表現に長けており、本作でもその手腕が十分に発揮されています。オーストラリアのきらめく大自然を舞台に繰り広げられる憧れのリゾート・ラブに、笑って泣いて、ときめいて、劇場を出るときには恋と人生に前向きな気持ちになれること間違いなし。ハリウッドの王道ラブコメ時代の大復活を告げる最高傑作がついに日本上陸です。

■予告映像
 YouTubeリンク:https://youtu.be/ifUSw74882c

■クレジット表記
・タイトル:『恋するプリテンダー』 
・原題:ANYONE BUT YOU
・日本公開表記:5月10日(金)より全国の映画館で公開
・US公開:2023年年12月22日
・監督:ウィル・グラック 『小悪魔はなぜモテる⁈』『ステイ・フレンズ』『ピーターラビット』シリーズ
・製作:ウィル・グラック、ジョー・ロス『スノーホワイト』、ジェフ・キルシェンバウム『ワイルド・スピード/ファイヤーブースト』
・脚本:ウィル・グラック、イラナ・ウォルパート
・出演:シドニー・スウィーニー「ユーフォリア/EUPHORIA」『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
    グレン・パウエル『トップガン マーヴェリック』
※(c)不要です。

■オフィシャルサイト&SNS
・公式サイト:https://www.koipuri-movie.jp
・作品公式X(旧Twitter):https://twitter.com/sonypicseiga
・ソニー・ピクチャーズ公式Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/
・ソニー・ピクチャーズ公式TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga
・ハッシュタグ:#恋プリ

5月10日(金)恋プリ旋風、日本上陸!

<お問い合わせ>
【配給・宣伝】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント